ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

Windows 11 が発表され、そして嬉しいことにWindows 10からのアップグレードは無料とのこと!
しかし、その条件が厳しいとの噂。

とくにTPM 2.0が必須という点がトピックとして挙がっていたので、我が家のレノボThinkPad X260がTPM 2.0に対応しているか検証してみました。

現状を知る

まずは、マシンがWindows 11に対応しているか確認できる、Microsoft提供の「PC 正常性チェック」ツールで確認してみました。

結果は以下の通りで、NGです。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

古いマシンなので、きっとNGなんだろうな~という予想通りの結果です。

Microsoftが示す以下のハードウエア要件/仕様の最小要件のうち、TPM以外は問題ありません。

  • プロセッサ
  • RAM
  • ストレージ
  • システム ファームウェア
  • TPM
  • グラフィックス カード
  • ディスプレイ
  • インターネット接続と Microsoft アカウント

そこで、TPMのバージョンを調べました。

tpm.mscでバージョンを調べる

直接「tpm.msc」を起動します。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

表示されたバージョンは「1.2」でした。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

BIOSの設定変更でTPM 2.0に設定する

簡単に調べたところ、X260はTPM 2.0自体には対応しているとのこと。
BIOSで設定変更を試みます。

起動中に「Enter」を押下します。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

セットアップメニューが表示されたら「F1」を押下します。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

Securityタブの、Security Chipを選択します。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

Security Chip Selectionを選択し、Intel PTTを選択します。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している
ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している
ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している
ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

「F10」を押下して、設定を保存してWindowsを起動します。

僕の場合はとくに問題なくWindowsが起動しましたが、場合によっては正常に起動しないこともあるので、バックアップなど十分に注意・準備を行ってから作業を実施してください。

TPM 2.0になっているか確認する

「tpm.msc」で確認したところ、「2.0」になっていました。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

念のために、コントロールパネルのWindows セキュリティからも確認したところ、「2.0」になっていました。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

期待を込めて改めて「PC 正常性チェック」ツールでWindows 11に対応しているか確認してみたところ、残念ながらNGのままでした。

ThinkPad X260はTPM 2.0に対応している

調べたところ、CPUの世代が古いこと、が原因のようです。
Intel Coreシリーズの場合は、第8世代からが対応とのこと。
ThinkPad Xシリーズで言えば、X280が最低ライン。
リリースまでもう少し時間があるので、厳しい対応環境がもう少し緩くなることを期待して待ちつつ、Windows 11に対応する新たなマシンの調達も検討します。

前情報によると、Windows 11はかなり魅力的なOSになっているので、ぜひ使ってみたいですね。

コメント

  1. mykaoru より:

    X260です。TPMは同様に対応して、やはりCPUが Intel(R) Core(TM) i5-6200U CPU @ 2.30GHz 2.40 GHz と第6世代でNGだったんですが、そのままインストールしてみたら、普通にインストール出来て動いてます。レジストリーをいじくる覚悟だったんですが、不要でした。

    • BeacatsBeacats より:

      コメントと、お試しされた結果のご共有をありがとうございます!
      やはりインストール自体は可能なんですね。
      現時点では、Windowsアップデート経路以外でのアップグレードでは更新プログラムが提供されない可能性があると、マイクロソフトがコメントしているので、個人的には躊躇しています。
      更新プログラムを手動でもインストールできるならば、それでもいいんですけどね。
      とりあえず、いつでも対応できるよう、インストールメディアを作成するためのUSBメモリを準備しておきます!

タイトルとURLをコピーしました